生きるために必要なお金

家で部屋を見回してみてほしい。
その部屋そのものもそうですが、部屋にあるもの全部、お金がかかっていないものなんてない。
学校へ行くことも、そのために着る洋服も、顔を洗うお水にだって、お金がかかっています。
子どものうちは、誰かが面倒を見てくれます。
だけど、大人になったら、全部自分でやらなくてはなりません。
部屋を借りる、食料を買う、携帯電話料金を払う、ガスや水道や電気代を払う……こうした支払いを、自分で稼いだお金で行わなければなりません。
日々の暮らしをやりくりする最低限のお金がなければ、誰かに頼って生きるしかなくなる。
でも、頼れる人がいつもそばにいるとは限りませんし、自分の自由のためにも、衣食住をまかなえるだけのお金を持つことはとても大事なのです。
やりたいことをやるには、余分なお金があったほうがいい日々の暮らしに必要な最低限のお金に加えて、心に栄養を届けてくれるようなお金も大事です。
友だちと遊びに行くお金、好きなアーティストのコンサートに行くお金、欲しいものを買うことのできるお金。
こうしたお金があると、暮らしがぐっと豊かになります。
読書や映画鑑賞、趣味のために自由に使えるお金があって、行ったことのない場所に出かけていって見たことのないものを見たり、夢を叶えるために学校に通ったりできると、人生はより豊かになります。
時間を買うことだってできるし、もちろん将来のために貯金をしておくのもいい。
自分のために、自分の将来のために、自分が自由にできるお金がある。
そのことは、心身ともに健やかに生きていくうえで大切です。
困ったときに、お金は君を助けてくれる日々を楽しくするためにお金を使いながらも、余分なお金の一部をちょっとずつ貯めておくといいでしょう。
そうすると、人生で何か思いもよらぬことが起きたときに、その「お金」が君を助けてくれるからです。
たとえばけがをして長い間働けなくなって収入がなくなってしまったときや、仕事をなくしたときでも、貯めておいたお金があれば、それを使うことができます。
いざというときに使えるお金がないと、何かあったときに日々の生活が立ちゆかなくなってしまう。
望まない状況や予想もしない悪い出来事が起きてしまったとき、お金はそのダメージを和らげてくれる力を持っているのです。
それではどのくらい貯めておくといいのでしょうか。
年齢によっても違いますが、若いうちであれば、収入がなくなっても1、2年は生きていけるくらいの金額をイメージしています。
君がお金を持っていれば、人を助けることができるさいごは、素敵なお金の使い方です。
お金があれば人を助けることができます。
これは、自分の家族を守るうえでも、世の中を良くしていくためにも、とても大事なことです。
もちろん、まずは自分の生活を整えることが大事です。
でも、君が自分の幸せのために上手にお金を使えるようになったら、次のステップとして、「社会や人のために使う」ことについても知っておいてほしいと思います。
なぜなら、人のためにお金を使うことが、実は一番幸せなことだと僕は思っているからです。

takassyがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事