交渉を有利に進めるために

不動産会社から聞き出すこと不動産会社で面談をするときは、物件についてさまざまな視点から情報を聞き出します。
そうすることで、不利な物件を買ってしまうことを避けたり、価格交渉を有利に進める情報を得たりできます。
最初に聞いておきたいのが、「売却理由」と「いつから売りに出されているか」です。
まずは「売却理由」について。
人がその部屋で亡くなったなどの「事故物件」は、賃貸付けや売却をする際にも、不利に働く場合があります。
いくら大幅に値引きされていても、よほどの理由がない場合は買い控えるのが賢明です。
売却理由には、「相続対策として」「他の土地に引っ越すから」といった理由もあります。
このようなケースでは、急いで現金化したいというケースが多いので、値引き交渉にも応じてもらえる可能性があります。
「いつから売りに出されているか」については、売りに出されてから長期間経過しているのであれば、なかなか買い手がつかない理由があるはず
その理由しだいで、買い控えるという判断も必要でしょう。
また、その理由がたいしたことでなければ、値引き交渉に持ち込んで安く購入するという選択肢もあります。
長く売りに出されていることは、不動産会社も積極的には口にはしない要素なので、こちらから聞き出す必要があります。
もうひとつ、不動産会社から聞き出すべきことがあります。
それは、「年間の入居率」です。
1棟ものの物件が満室だとしても、たまたま現在が満室なだけで、半年前には半分が空室だったという可能性もあります。
そういう物件は、どこかに問題があるかもしれません
しっかりとしたオーナーであれば、年間の入居率をきちんと計算しているはずです。
入居率が8~9割であれば合格ラインといえるでしょう。

takassyがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事