空売りは、自己資金以上の損失が発生することや、コストがかかるので「危険」だと言われています。
しかし、きちんとリスク管理をすれば、必要以上に恐れる必要はありません。
損失や利益はレバレッジに比例するからです。
自分がどの程度までの損失額を許容できるのかを、あらかじめ決めておきましょう。
許容範囲内のレバレッジで取引すれば、急な株価変動にも動揺せずに空売りできるからです。
信用取引では約3.3倍までレバレッジをかけられますが、初心者は2倍までにしておいた方が無難です。
必要以上にリスクを取ると、「追証」になる可能性があるからです。

追証とは何?

委託保証金が最低保証金率を下回ると、「追証(おいしょう)」が発生します。
委託保証金とは、信用取引を行うために担保として預けるお金です。
取引(建玉)代金の30%以上と定めている証券会社が多く、さらに最低30万円以上という条件の会社が主流です。
100万円の建玉なら30万円(100万円×30%)、200万円なら60万円(200万円×30%)が担保として必要になります。
空売りでは、追証に注意しなければいけません。
追証とは「追加保証金」の略で、委託保証金を追加で差し入れなければいけない状態のこと。
追証が発生した場合、翌々営業日など、期限までに不足分に相当する現金を預け入れるか、建玉を返済しなければいけません。
追証を支払わない場合は、強制決済されてしまうので注意が必要です。

おすすめの記事