アメリカの株式市場を考える

アメリカの株式市場を考えるときに着目してもらいたい指数があります。
それが『S&P500』という指数です。
この指数というのは米国を代表する企業500社の株価を合わせて作った指数です。
つまり『アメリカの株式市場の価値』を表しています。
この指数が大きくなる=株式市場も価値が高まっている。
指数が小さくなる=株式市場の価値も下がっている。
ということです。

非常に重要な指数

この指数『S&P500』は投資をする上で非常に!非常に重要な指数になりますので、ここでしっかりと把握しておいてください!ではS&P500という指数を過去25年間分確認することで、アメリカの株式市場がどれくらい発展してきたかを確認してみましょう!米国市場は驚異的な速度で拡大し、株価は上昇を続けています。
1970年を起点として、過去50年間という目線で考えてみます。
すると米国株価はなんと35倍になっています。
つまり50年前に100万円を投資していれば3500万円になっていたと言うことです。
(詳しい方向け:複利はいったん無視しています)もちろんリーマンショックなどで一時的に大きく株価が下がるなど、紆余曲折はありますがそれでも驚異的な伸び率ですちなみに日本の株価は12倍ほどにとどまっています。
バブル絶頂期ですら株価は約20倍です。
過去の変遷を長期でみても、短期で見ても非常に効果的なリターンを見込める市場だとわかります他の国と比較してみても非常に魅力的なリターンを出してくれていますね!ここまででも十分アメリカへの投資の魅力は伝わったと思いますがもう一つ重要な点をお伝えします!

おすすめの記事