「表面利回り」と「実質利回り」

不動産投資で最も多く出てくる用語に「利回り」があります。
利回りは預貯金などをはじめ投資全般に使われる用語で、いくらのお金を投資して、年に何%の収益が得られるかをあらわす数値です。
ここから数式や数字が出てきて、少しだけむずかしい話になりますが、不動産投資で成功するには避けては通れない知識です。
少し我慢してついてきてください。
利回りは、以下の式から求められます。
・利回り(%)=年間収入÷取得価格×100たとえば、100万円を投資した結果、年間15万円の収入を得られた場合、利回りは15%ということになります(15万円÷100万円×100)。
こうして計算した利回りは、投資をする際の目安となります。
利回りが低ければ投資先としておいしくありませんし、利回りが高ければ投資先としておいしいという判断ができます。
不動産投資では、利回りについて「表面利回り」「実質利回り」の2つに分けて考えます。

「表面利回り」

まずは、「表面利回り」から説明していきましょう。
表面利回りは「グロス利回り」ともいいます。
表面利回りを求める式は、次の通りです。
表面利回り(%)=年間家賃収入÷物件取得価格×100表面利回りは、購入時にかかる諸費用や、日々の管理にかかる税金・諸費用を一切含めていないので実際に手元に入ってくるお金を正確にあらわすものではありません。
ただ、不動産投資の目安として簡単に計算できるため、指標として参考にされるケースが多くあります。
不動産関係の販売資料や広告に掲載されている利回りは、ほとんど表面利回りです
本書で出てくる利回りの数字も「表面利回り」を基本としています。

takassyがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事